四十肩と五十肩の違いは?|守山市在住 40代女性|

主人が五十肩になり、私は四十肩になってしまいました。私が四十肩の診断を受けたのは、地元の守山市内にある整形外科でした。急に肩が上がらなくなってしまいましたが、いつかよくなるだろうと思ってそのままにしていました。

守山市にある自宅付近の会社で私は勤務をしているのですが、少し上にある荷物を取ろうとすると、肩や腕が痛くなり、荷物を落としてしまいそうになったので、もうなるべく早く見てもらったほうがいいかなと思っていました。友人は四十肩を自力に治したと言っていましたが、早く治したかったですし、主人も五十肩で通院しているので、同じ整形外科で四十肩を診てもらうことにしました。

肩を中心に電気を当てて、しばらく肩を動かさないようにしていれば良くなると先生に言われたので、電気を肩に当てて様子をみているのですが、肩に電気が流れているような感じはしているだけで効いているような感じはしません。主人も五十肩を治すために同じ電気を当てています。

四十肩や五十肩は私たちの年代ではよく聞く症状ですし、そちらの整体院にも四十肩や五十肩でお悩みの方がたくさんいらっしゃると思うのですが、四十肩や五十肩の違いはどういうところなのでしょうか?また、四十肩や五十肩で違いがあるならば、治療法が一緒だとおかしいですよね?

整体師からのコメント

四十肩と五十肩の違いはありません!
では、どうして四十肩と五十肩と分けて言われるようになってしまったのでしょうか。

最初は、五十代の人に肩が上がらないなどの症状を訴える人が多かったために、五十肩と言われるようになりました。しかし四十代でも同じようなお悩みを持った方が出てくる方が増えたため、四十肩とも言われるようになりました。つまり発症する年齢によって呼び方は変わるということです。

ですので、治療法が一緒でも問題はございません

五十肩のページへ