四十肩による激しい痛みでお悩みだった方の症例|守山市在住 40代 女性|

  • お悩み:朝起きたら、急に右肩に激しい痛みがあった。整形外科に行くと、五十肩ですねと言われ、薬と電気のようなものを流されました。しばらく治療が必要だと言われたので、継続して通っていたが、良くならずにずっと平行線のままであった。たまたま当院に通り、受付のスタッフにお悩みをご相談したところ、カウンセリングをしてくださることをきっかけに当院に通院されました。
  • 状態:右肩は何をしても痛みがあり、体を動かす度に右肩に電流がビリビリと走るような痛みがある。左肩は何も痛みは感じず、肩の可動域も問題はない。
  • 施術:右肩の痛みが強かかっため、最初は微弱の電流を流し、徐々に痛みが減少し、筋肉の硬直が無くなってきたら、電流をだんだんと強めていく。(痛みが無い範囲で)
  • 経過:体を動かすだけで痛みがあった五十肩による痛み。その痛みは7回目でようやく減少してきた。肩の可動域の制限はあったが、痛みは少し減ったため、引き続き、電流を流し、五十肩の治療を行っていった。五十肩の施術を始めて1か月が経過した頃には、痛みも半分以上減少し、肩の可動域も広くなってきた。約3ヶ月間電流を行い、定期的に矯正を組み合わせて行った結果、五十肩による痛みや肩の可動域制限もなくなったため、治療を終了した。

    五十肩でお困りでしたらこちらへ