肩が徐々に上がらなくなってしまった方の症例|野洲市在住 40代 男性|

  • お悩み:スーツを日頃着ているがボタンを留めづらくなってきた。四十肩と整形外科で言われたが、治療に通っても良くならなかった。良くなっていないのに、肩はどんどん上がらなくなり、無理に上げようとすると痛みが出てきたため、整形外科ではなく、整体に通ってみようと思い、来院された。

状態:肩が上がりづらいだけで、痛みはなかったが、肩に力を入れた際に痛みが出るようになっていた。肩の可動域も狭くなっており、少し動かすだけで痛みがあった。四十肩のため、奥様に補助してもらいながら生活している。

  • 施術:首や肩の筋肉の緊張があったが、初診の状態では、矯正はできなかったため、電流のみで四十肩の治療を行う。その後、状態が安定してこれば、矯正を行う。
  • 経過:四十肩により、強く出ていた肩の痛みが電流の効果で半減。しかし、痛みはまだ残っており、生活にも支障が出ていた。治療を2日に1回行って行った結果、肩の痛みは少しずつであったが改善していき、シャツのボタンも普段通り止められるようになった。四十肩で悩んでいたのが嘘のように症状は無くなったため、1か月で四十肩の治療を終了させて頂きました。

    四十肩の治療ページへ戻る