頸椎ヘルニア

腰の椎間板ヘルニアには、ご存知の方も多いですが、首も椎間板ヘルニアには発症します。
頸椎ヘルニアのご説明をこのページではさせて頂きます。
頸椎ヘルニアは必ず手術をしないと痛みが取れないというわけではありません。また、自然治癒することがありますが、何もしない状態では、いけません。それどころか悪化してしまうこともありえます。

頸椎椎間板ヘルニアの症状は?

腕の痛み、腕の痺れ
→右か左のどちらかの腕に痛みや痺れはありませんか?

足の痛み、足の痺れ
→足に重だるいような痛み、脚がピリピリして痺れているような感覚はありませんか?

胸部の痛み
→胸のあたりに痛みがあるような感じはありませんか?

頸部の痛み
→首を前後左右に傾けた時に痛みがあったりしませんか?
また、何もしなくても首が痛い場合はありませんか?

頸椎の椎間板ヘルニアを発症する原因は?

頸椎の骨と骨の間にあるのが、椎間板とよばれるものがあります。
椎間板は脊柱にかかる衝撃の緩和させるもので、変形をして、体の可動域を広げる大切な役割があります。
その頸椎にある椎間板が飛び出すしてしまうので、頸椎椎間板ヘルニアと呼ばれています。
その椎間板が突出してしまうと…
その周りにある神経を圧迫して、体の痛みや痺れが生じてしまいます。

具体的な例をランキング形式で表してみました。

1位…骨の老化
頸椎椎間板ヘルニアは誰にでも起こってしまう病です。
しかし、発症しているのは、40代~60代の方が多いのは、
骨が老化してしまっているのが原因だと言われています。

2位…交通事故
交通事故で首に強い衝撃を受けた場合に発症します。
当院では、交通事故により、頸椎椎間板ヘルニアによる症状でお悩みの方がたくさんいらっしゃいます。

3位…スポーツ
実は、スポーツの激しい動きが原因のこともあります。
捻る動作が大きいスポーツは注意が必要です。

4位…姿勢の悪さや栄養不足
猫背や、姿勢が悪く、治したいとお悩みの方もいらっしゃるかと思いますが、それも頸椎椎間板ヘルニアの引き金になることもありますし、姿勢の悪さだけでなく、カルシウムが不足している方なども危険です。

a

頸椎ヘルニアでお悩みでしたら、ヘルニア治療専門の当整体院へ