体の歪みが原因で湿布では改善されない痛みがあった方の症例|守山市在住 30代 女性|

  • お悩み:腰痛が以前から気になっていた。ぎっくり腰のような鋭い痛みではなかったので、湿布を貼っていた。しかし、湿布を貼り続けても腰痛は消えなかった。友人が産後の骨盤矯正のために整体に通院して話を聞いていたところ、腰痛の原因は、体の歪みが原因のことがあるらしいと言っていたため、自分では、歪んでいるかどうかは判断できないため、来院。
  • 状態:前屈時に腰に痛みがある。後屈は左に偏って倒れていた。触診や可動域検査の結果により、体に歪みがあることがわかり、その歪みが原因で腰痛があると判断しました。
  • 施術:どれだけ体が歪んでしまっているかをみるために姿勢測定器を使用。
    背中、腰、首、骨盤の4か所を矯正。(腰痛があったため、腰の矯正のみ少し弱めに行いました。)
    筋肉の硬直がみられる部分に電流をあて、筋肉をほぐす。
  • 経過:なるべくつめてお越しいただきました。しばらくは腰痛が続き、治療だけではなく、1日5分ぐらいで行うことが出来る体操をアドバイスさせて頂きました。お子様も一緒にしてくれていたそうで、楽しく行うことができたとお話をしてくださいました。体調を崩されて3週間程度あいてしまったので、少し治療期間は長く続いてしまいましたが、施術を開始して約2ヶ月で腰痛や歪みが改善されましたので、治療を終了いたしました。

 

骨盤矯正のページへ