5年以上坐骨神経痛に悩み歩行にも支障があった方の症例|守山市在住 40代 男性|

  • お悩み:5年以上坐骨神経痛を患っており、最寄りの整形外科で電気を当て、整体で揉んでもらっていた。しかし足先にかけての痺れ、臀部の痛みは、薬や湿布、電気治療でも良くならなかった。息子が紹介してくれたので、縋る思いで来院。
  • 状態:臀部のみならず腰部にも痛みがあり。坐骨神経痛の症状である、臀部の痛み、足の痺れにより、歩行がしづらい状態。
  • 施術:痛みが強く出ている臀部に高周波電流をあて、腰部にEMSを当てて筋肉の緊張をやわらげ、痛みを緩和させる。
  • アドバイス:坐骨神経痛に効果のあるストレッチを1日3セット無理がない範囲で行う。難しければ1日1回でも良い。
  • 経過:坐骨神経痛による臀部の痛みや腰の痛みは、電流を当てていくほどに良くなってい行きました。前屈または、後屈も初診時よりも腰を曲げることができていました。坐骨神経痛治療を重ねていくほどに良くなっていきましたので、治療の間隔を少しずつあけていくことになりました。最初は1週間、次は2週間と間隔をあけていっても、以前のような、坐骨神経痛の症状は出てこなかったため、治療を終了させて頂きました。

坐骨神経痛のページへ